コンサートや観光地などの入場券(半券)コレクションサイト
プラス イベント・旅行あちこち見て歩記
Sweet Collection HOMEあちこち見て歩記西大寺 in 岡山市

あちこち見て歩記


西大寺 in 岡山市

■2010年1月30日(土)
会陽(えよう)、裸祭り(はだかまつり)で有名な西大寺。日本三大奇祭(岩手の黒石寺蘇民祭・大阪の四天王寺どやどや)の一つで、毎年2月の第3土曜日の夜は、ふんどし姿の裸男たちで熱気に包まれます。(岡山県重要無形民族文化財)
2月の西大寺は会陽を中心に様々なイベントで盛り上がります。(今年は500周年記念)JR西大寺駅前は既に盛り上がっていました。
JR西大寺駅前

JR西大寺駅前

裸祭りの像を中心に、ペットボトルの飾りが並べられていました。夜にはイルミネーションになるようです。
JR西大寺駅前 JR西大寺駅前
ペットボトルに描かれた絵
ペットボトルに描かれた絵

2月は西大寺がおもしろい。
2月は西大寺がおもしろい。
JR西大寺駅構内 裸祭り看板
JR西大寺駅構内 裸祭り看板

JR西大寺駅から西大寺観音院までの道中(15分くらい)、会陽にちなんだ風景が見られます。
岡山市東区役所前
岡山市東区役所前
商店のシャッター
商店のシャッター
民家の壁
民家の壁

西大寺観音院(現地案内文より)
正式名称は「金陵山西大寺」といい、高野山真言宗別格本山で、本尊として千手観音が安置されています。寺伝によれば、「777(宝亀8)年、安隆上人(あんりゅうしょうにん)が寺を建てようと瀬戸内海を進んだとき、海中から竜神が現れ、上人に犀(さい)の角を授けた。上人はそれを埋め、その上に寺を建て「犀戴寺(さいだいじ)」と名をつけた。」とあり、これが「西大寺」の名の由来といわれています。毎年2月の第3土曜日の夜に、境内で行われる西大寺会陽(えよう)(はだかまつり)は、日本の三大奇祭として有名となっています。西大寺会陽の翌日から約2週間にわたり「会陽あとまつり」が行われ、かつては「西大寺の町は会陽一日で一年間の収入をかせぐ」ほどのにぎわいであったといわれています。

まず見えてくるのが仁王門。元文5年(1740)建立で、県下最大規模。「金陵山」の扁額は釈逸山の書。欄楯(らんじゅん)に北から東南西の順に十二支の彫刻が施されています。
仁王門
仁王門
平成22年庚寅 慶祝 会陽500周年
平成22年庚寅 慶祝 会陽500周年

十二支の彫刻 これは午
十二支の彫刻 これは午

会陽も近づき、境内では準備がなされていました。牛玉所殿大修復作業もあり、工事中の風景があちこちに。本堂はずっしり構えていて威容を誇ります。
本堂(市指定重要文化財)
本堂(市指定重要文化財)
本堂

本堂
犀角を手にする皆足姫の飾り瓦
犀角を手にする皆足媛の飾り瓦

西大寺
龍神の飾り瓦
龍神の飾り瓦

西大寺
三重塔(県重要文化財)
三重塔(県重要文化財)

本堂で上にのけぞって撮った写真2枚。会陽絵馬は狩野永朝が明治7年から3年かけて描いたもので、絵中に2000人が描かれているそうです。大きくて撮りきれない・・・。会陽の際、御福窓から宝木(しんぎ)が投げられ、争奪戦が繰り広げられます。
会陽絵馬(市指定重要文化財)
会陽絵馬(市指定重要文化財)
御福窓
御福窓

楼門の朝鮮鐘 朝鮮鐘(国指定重要文化財)
楼門(圓通楼)の鐘(朝鮮鐘)は、開山の安竜上人が竜神から授かったと伝えられています。岡山城を築いた宇喜多直家がむりやり持ち帰ったが一向に鳴らなくなったので、仏罰を恐れて返したとか。
総高111.5cm 口径65.2cm 重量約400kg 銅製・高麗時代初期(10世紀〜11世紀)
その年の会陽の祝い主と福男が掲示されています。
見にくいですが鐘の部分です・・・
見にくいですが鐘の部分です・・・
楼門にいた猫ちゃん
楼門にいた猫ちゃん
楼門にいた猫ちゃん
お寺の飼い猫?
楼門にいた猫ちゃん
人なつっこかった

石門は竜宮の形に造られ、門の下半分が石で造ってあるので石門というそうです。吉井川方面から見ると、鳥居と石門が重なって見えます。会陽の際はここに水がためられ、裸群が身を清める垢離取場になります。鉄骨(?)はその準備かな。
石門 石門
石門と鳥居

高祖堂
高祖堂
千手堂
千手堂
普陀南海観音
普陀南海観音
観覧席
観覧席
会陽橋
会陽橋
記念写真用オブジェ
記念写真用オブジェ
JR西大寺駅前の電話ボックス
JR西大寺駅前の電話ボックス
電話ボックスの中にいた猫ちゃん
電話ボックスの中にいた猫ちゃん
電話ボックスの中にいた猫ちゃん
あったかくて幸せ
はだかまつりはまだお目にかかったことはないのですが、一年で一番盛り上がる2月の西大寺。あとまつりも行われるということでまた行ってみようかな。はだかまつりの後は、西大寺に春がやってきます。
西大寺観音院ホームページ


▲上へ
Copyright (C) 2010 Sweet Collection. All Rights Reserved.



inserted by FC2 system